Goodfind講師ブログ

次代を創るビジネスリーダーのためのキャリアサイトGoodfind

コルカタ(旧名カルカッタ)、カラグプル初心者の旅行メモ

今回のコルカタ(旧名カルカッタ)とその郊外のカラグプル(Kharagpur)について集めた情報と体験をまとめました。もしも今後コルカタに行って、それからIIT Kharagpurに行く方の参考になれば幸いです。そんな人あまりいない気がしますが(笑)。実際自分は行く前に情報を日本語で探したけどあまり出てこなかったので。

ちなみに最近は英語名のCalcutta(カルカッタ)よりKolkata(コルカタ)のほうを使うらしいです。そして”コルカタ”は市街地という意味で以下では使います。(”東京”みたいなもの)


* インドの情報は刻々変わることもあるので最新のものをお勧めします。(この記事は2019/9/22のもの)


コルカタのホテル>
自分はコルカタのほぼ中心の”Hyatt Regency Kolkata"に泊まりましたが、国際ブランドなので問題はなかったです。そして意外と安い!3泊したんですが2泊分で泊まれました。(hotels.comで2万円くらい)
いろいろホテルを探しましたが、Victoria Memorialなど観光地が多い中心部には外資系のホテルはあまりありません。行けば分かりますがたいへんごちゃごちゃしており、新しいホテルを立てれるスペースがないからと思われます。また中心部は割と貧しい方も多いため治安や印象の問題もありそうです。

自分が事前に探して候補となった外資系ホテルは

JW Marriot
Hyatt Regency Kolkata
Novotel
Westin

などですが、どれも少し中心部から離れており、だいたい車で20-30分くらいかかります。
ちなみにタクシーよりはuberのほうが料金支払いや行先のコミュニケーションが楽なので私はこちらを使っています。
ホテル料金はこれら外資系ホテルについては他国よりだいぶ安いです。だいたい一泊1万円前後で泊まれることが多いようです。(時期と場所によりますが)

実際の上記のホテルと周辺を見ましたが、どれも市街地からは少し離れていてどこに行くにもuberが必要ですが、Novotelは隣接するショッピングモールが3つもあるので多少便利かもしれません。

 


コルカタの移動手段>
私はひたすらuberを使いました。インドではOlacabsというuberと同様の地元のサービスもあり、こちらも人気です。自分は品質重視ということで”uber premier"という1割程度高いものを使っています。コルカタは黄色い古い感じのタクシーもたくさんいるのですが、不明瞭な値段と行先のコミュニケーションを考えるとuber一択です。これは他のインドの都市でも同様です。

 

地下鉄は南北には一本しっかり通っていて、インド最古でまずまずよいと聞いていますが今回は不要でしたので使っていません。ネットの情報ではクーラーがきいていないとか書いてありますが、インドクオリティに慣れれば大した問題ではない気がします。



コルカタの街と観光>
コルカタは治安や衛生面で問題があるとも言われていますが、間違いなく大都市です。スラムみたいなところも多いですが、新しいエリアは文字通り「ニュータウン」といい、こちらには古いコルカタの街並みは全くありません。ショッピングモールも新旧そこそこありとにかく人が多い印象です。古い市地はやはり貧しいです。日本人はほとんどいないので周囲の視線を感じますが、韓国人などはよく来ているのか「Are you from Korea?」と何度か聞かれました。勘違いかもしれませんが「I am from Japan.」と言った後は聞いた方の表情にある種の親しさを感じたので、ここでは良い印象を持たれているのかもしれません。


今回、観光は少しだけ車でまわりました。ガイドしてくれるIIT Kharagpurの大学院生が地元の人だったので短い時間でしたけど、Victoria Memorial、EcoParkなどを見て、またいろいろ車で回って教えてくれました。Victoria Memorialは入場料が必要ですがインド人だと30ルピー(約45円)で外国人だと500ルピー(約750円)でした。


(写真はVictoria Memorial)

あと最終日に飛行場に行く前にコルカタに来たんだから、ということでマザー・テレサのハウスに行ってきました。彼女の遺体以外には何もない本当に普通の家で、見つけるのが難しいくらいのところでしたが、何か現在でも強い意志を感じました。

 (写真はコルカタの街中にあるMother House)


コルカタからカラグプル(Kharagpur)へ>
いくつかの移動手段がありますが、自分はエージェントから距離でチャージするドライバーを雇いました。今回はIIT Kharagpur(以下”KGP”)というコルカタから約150キロ離れたところにいかなければならないため、治安や衛生面でびびりまくっていたのですが、「知るカフェ」の畑守さんの紹介でKGPのPhD院生の地元の方を紹介していただきました。彼にKGPから一度コルカタに来てもらい、自分をホテルでピックアップしてKGPまで同行し、またコルカタのホテルまでもどるという2往復が必要になりますが、スポーツワゴンの大きめ(つまり高め)のイノーバでトータルで200USDとなりました。普通車のコンパクトカーにすると2割くらい安くなるそうですが、片道3時間程度かかるので今回は大きめの車にして正解でした。

最近は都市部や料金所でかなり渋滞するようですので、もし使われる際には時間には十分に余裕を持ったほうが良いと思います。それと夜の高速は飲酒運転が多いそうなのでできれば昼間のほうが安全かもしれません。そして夜になるとトラックが多くなり道路中に大きなトラックだらけるなるので、これもちょっと怖い部分もありました。(*規制があり昼間はトラックは高速を走れないらしい)

ちなみにコルカタからカラグプルへの移動ですが、鉄道を使う、uberintercity?を使う、などの方法もあるそうです。uberは評価システムも持っているため一般にはかなり安全面では安心できそうかなと思っています。(要確認!)

 


<IIT Kharagpurについて>
インド最古のIITで伝統と格式があると聞いています。非常に広大なキャンパスを持ち、場所ははっきり言ってド田舎で、周囲に外資系ホテルなどは皆無です。したがってKGPに来るときには構内のゲストハウスに泊まることになると思いますが、こういう状況なので割と埋まってしまうことが多いようです。自分もここに前泊する予定でしたが空きがありませんでした。

KGPのキャンパスは広くて綺麗でたいへん整っております。もちろん犬や猫の類はおりますが、たいへんきれいで牛は今回見かけませんでした。構内が広すぎるので学生は自転車かバイクを使っているようです。学生は16000人くらいいるそうで全員が寮生活を送っています。一つの寮の建物には1000人程度が住んでおり食堂が一つしかないため毎回長蛇の列ができるそうで、時間に余裕のある学生は外に行くそうです。
構内にはいくつかのお店もあり、無料でドリンクを提供する日本の「知るカフェ」以外にも、インドのカフェチェーンである「Cafe Coffee Day」やサーティワンのアイスなどがありました。

今回はお招きいただきアントレプレナーの講義を行ってきました。こちらについてはまた別途記事にしたいと思います。

 (写真はIIT Kharagpurのキャンパス)

 

 

以上が個人的に体験したコルカタとカラグプルの記録です。今後の旅行のご参考となれば幸いです!

 

 

 

 

 

 

 

 

今後HR(人事)の世界で起こること予測

【!長文注意!】 

最近仕事がら、多くの方に今後のHRについて聞かれるのでまとめました。

これは予測ですので全部が絶対あっているとは思わないでください。また内容についてのご意見いただけると大変ありがたいです!

f:id:goodfind:20190607003632j:plain

(写真はHyderabad国際空港) 

<目次>

 ・すでに起こっている変化

・これから急激に起こる変化

・個人のキャリアで考えること

・採用側(法人)でおこること

・最後に

 

 

◆すでに起こっている変化
・新卒から給与の差が出る

・入社後数年間で年収の差が倍以上になることが珍しくなくなる

(例。外資と日系、オールドとニューなど)

・給与システムが市場価値とリンクし始める
=スキルや経験により収入の差が大きくなる

年功序列型給与システムが減る

・転職が非常に多くなる

・新卒から3年で約半分が会社を辞める

・大手企業からベンチャーへの転職が増える

・大手からベンチャーへの転職は景気が悪くなると逆流する

・中途が優遇され、新卒の相対価値が落ちる

・職場の外国人が多くなる

・英語の職場が増える(急ではない)

・それに従い英語ができる人の価値が上がる

・外国に働きに行く人の割合が増える

・ITツールをつかえるかどうかで大きく変わる

・就活が多様化し学年関係なく内定が出るようになる

インターンシップの形態が変化する(内容、期間、時期)

・オンラインでのエージェントが増える

経団連の就活ルールがますます意味をなさなくなる

・大学の1,2年生が米国などのように職業経験のためのインターンに行き始める

・無意味なESや自己PRがなくなる

スキルアップのためのダブルスクールが多くなる
(語学、プログラミング、会計、デザイン、、)

・地方へのアウトソースが多くなる

・在宅勤務が増える

・出産後の職場復帰がやりやすくなる

・休暇を取る人が多くなる

・地方と都市部の就職情報格差が縮小する

・紙のESなどが激減する

・日本国内の労働力不足はあまり解消しない

・しかし一般の賃金は上がらない(国外要因によるインフレを除く)

・採用、転職などほぼオンラインで大部分が完結する

・最終面接だけはオフラインで行われる

・経験とスキルを持つシニアと女性を取り合うようになる

・新卒の学生は全体としてはどんどん保守的になる

 

◆これから急激に起こる変化

年功序列が死語になる

・それに伴い賃金、評価制度が大きく変わる

・給与と人材の市場価格がリンクする

・人事コンサルの仕事が多くなる

・在宅勤務/リモートワークが多くなる

・副業OKは当たり前になる

・プロジェクト単位で専門職の派遣が増える

(一般の派遣と異なり専門性と単価が高い)

・大手ブランドよりも小さな会社を志望する人の割合が増える

・クロスボーダーの働き手が多くなる

・業界間の給与差が大きくなる

・AIエージェントが出現する(ただし機能は限定的)

・社会全体がオフラインからオンラインにシフトする

・シニアの働き手が多くなる

・スキルや経験の高い人の仕事の自由度と、そうでない人の差が生活面で大きくなる

 

 

◆個人のキャリアで考えること

・専門性が重要になる

・学校での勉強が大切になる

・暗記の知識より基本的な「読み・書き・計算」の重要性が再認識される

インターン経験を就活時に聞かれるようになる

・就職後も定期的にスキルのアップグレードが必要となる

スキルアップのためのスクール(オンラインを含む)に通うようになる

・転職エージェントのお世話になることが多くなる

・プログラミングができなくともITツールが使いこなせる必要がある

・資格や知識などの”ハードスキル”より、発想力、リーダーシップのような”ソフトスキル”が重要なる

・オフラインの転職エージェントの数が減り淘汰される

・オンラインとは別にオフラインのメンターのような存在が必要となる

・世の中の技術系労働者の割合が高くなる

・ITに弱い会社が目立って少なくなる

・企業のグローバル展開で勝ち負けがの差が目立ってくる

・企業の統合が起こり会社の数が減る

アメリカ以外の外資系、特に中国系資本が増える

・企業統合やM&Aがさかんになり企業の数とトータルな従業員の数が減る

・ミドル以降の失業者が多くなる

・ミドル以降の平均賃金が大きく下がる

・付加価値の低い仕事の賃金が下がる

・リーダーシップ、海外経験、職業経験(起業を含む)、ITスキルを持った人が優遇される

 

◆採用側(法人)でおこること

・あまり意味のないESや作文程度の自己PRがなくなる

・ESの提出の代わりにビデオメッセージを送るようになる

・少し時間がかかるが1次、2次くらいの選考スクリーニングはAIが行うようになる

・個人へのアクセスはネットの発達により楽になる

・地方や海外などアクセスのよくない場所に人材をより求める

・一方候補者をグリップ(魅力付け)することがより重要になる

・採用力の差が企業力の差に直結する

・候補者のポテンシャルを見極める人事担当が重要になる

・人事部の力が強くなる

・人事経験の求人が増える

・沢山採用しても社員がすぐやめる会社は成長しない

・どの会社もChiefHuman(Talent)Officerの職が一般的になる

・社内での人事教育/制度が大変重要になる

・海外、地方との連携が必要になる

・IT化して簡単に応募できる会社がうまく採用する

・企業ブランディングが大切になる

・福利厚生、社内研修の意味が重要になる

・外国人をうまく使う企業は業績を伸ばす

・ただし多くの企業は外国人の採用はするがだいたいうまくいかず暫くして完全にやめる

 ・企業年金個人年金のシステムの整備が進む

 


◆最後に

・スキルの高い転職エージェントとそうでないところの差が大きくなる

・AIはそれほど万能ではないことがばれる

・結局、人事の世界はシステムにならないパーソナリティ(個性)のようなものに最後まで依存する

・保守的に旧システムを守ろうとする人と、新しいシステムを作ろうとする人の対立構造が強くなっていく

 

 

インド訪問記録(6/7-13)&インド最大のスタートアップイベントから見るスタートアップ事情

今回インド訪問は今年1月に続き2度目。訪問先はIT都市のハイデラバード(Hyderabad)で、この都市は初めての訪問でした。
 
マレーシア経由でインド入りしたハイデラバード国際空港はとても近代的で美しい空港でした。深夜24時ごろ到着にもかかわらずマクドナルドなどのファーストフードは開いており、人々も多く活気に満ちていました。

インドで市内の移動はuberもしくは同業のOlacabsを常々利用しており、これがタクシーに変わる生活インフラとなっていることはハイデラバードでも同じです。
空港からホテルまではuberを使いましたが夜中でも問題なくつかまります。uberはpremierの車を使うと運転手のレベルもまずまずで悪くないです。(値段はあまり変わらない)

f:id:goodfind:20190607003527j:plain

f:id:goodfind:20190607003636j:plain

(夜中24時過ぎのハイデラバード国際空港)



初日の6/7(金)はまずスタートアップをサポートする最大組織の一つのT-Hubを訪問。
ここはインドのスタートアップ・エコシステム(様々な面でスタートアップをサポートする)を持っており、インキュベーションセンターのビル内ではメンター達からのフィードバックの部屋やざっくばらんに話せる食堂、フリースペースがあります。

またピッチイベントの開催やVCとのマッチアップなどを定期的に行っており、インド全体への広報活動も盛んで、サムスンなどの多くの外国企業がスポンサーに名前を連ねています。

f:id:goodfind:20190607094859j:plain

f:id:goodfind:20190607110107j:plain

f:id:goodfind:20190607112637j:plain

(充実した機能とスペースを持つT-Hub)


 
その後、同じ市内にあるIIT Hyderabadに行ってスタートアップの起業論について授業です。現在は夏休みのため学部生はあまりいませんでしたが、機械系の大学院生を中心に1時間半いつものように大学の講義形式で話してきました。
学生たちは理系なのか日本人みたいにシャイなところがありますが、みんな非常にすなおで真面目に聞いてくれるためスピーカーには嬉しいです。
IISc(インド理科大学院)もそうでしたが、インドでも理系の学生がシャイで真面目な傾向は日本と同じみたいです。
(ちなみに理系は男子率とサンダル率が高い 笑)

f:id:goodfind:20190607135313j:plain


 

f:id:goodfind:20190607153326j:plain


(IIT Hyderabadの教室にて)

これまで訪問した他のインドの大学、大学院と同様に、このキャンパスにもインキュベーションセンターがあり、そこにはドローンなど研究から発生するスタートアップが元気に活動しておりました。

f:id:goodfind:20190607160354j:plain

(IIT Hyderabadのインキュベーションセンター)





翌日の6/8(土)はインド最大のスタートアップイベントである、HEADSTART主催のHS-X ”NATIONAL ENTREPRENEURSHIP CONCLAVE 2019"で、ゲストスピーカーとして起業論の特にファイナンスについての講演です。
https://headstart.in/hsx/
   

f:id:goodfind:20190608100032j:plain

今回のテーマは、スタートアップにとって関心のど真ん中であるファイナンス(資金調達)についてだったので会場は当たり前のように満席で途中から会場に入れなくなっていました。(感謝、感激!)
 
また満席のため室内クーラーが全くきかず、窓際の人たちが窓を開けたせいで室内の温度と湿度は野外と同じ38度。。。話しているほうも途中から大汗をかきながらの講演で、熱中症になるのではないか?と危惧される環境でした。
 
話の内容はスタートアップの基本的な戦略論から始まり、少しずつファイナンスの専門的な話に移っていきました。途中からIRR(内部収益率)やDCFなどの専門用語がでてくるようになりますが、参加者全員がCFOではないのでそこは分かりやすく前提知識がなくても理解できるように話したつもりです。
 
 
今回はテーマがテーマなだけに聞く人も真剣そのもの。講演が終わった後も何重にも囲まれて質問と写真撮影のリクエストがあり、名刺も途中から交換するのが困難になったので机の上に「持って行ってください!」と言って名刺を箱ごと置いたら100枚くらいが一瞬にしてなくなりました。

f:id:goodfind:20190608121040j:plain

(「起業した人?」と聞いた時の反応、インド人はノリが良いので最高!)

 

 

f:id:goodfind:20190608123659j:plain

f:id:goodfind:20190608122940j:plain

f:id:goodfind:20190608125849j:plain





様々な関係者から話を聞くところによると、スタートアップにとって資金調達はそれほど簡単ではないらしいです。インドにはユニコーン企業が約20社あり多い印象があるけれどもそれらはむしろ例外で、スタートアップが多くできすぎておりVCなども選別や目利きが難しいという話をよく聞きます。
また先進国には普通にある金融サービスや信用経済も不完全なところがあったり、法的な手続きに手間と時間がかかるなども問題として指摘されています。

実際今回は3回目のインド訪問で、これまで多くのスタートアップと講演後などに話をし帰国後も連絡を取り合っていますが、ほとんどのものは個人事業のレベルで将来の成長シナリオを作ることが難しそうで、あらためて成長や生存の難しさを実感しております。


一方で国や地方自治体、民間団体がこぞってスタートアップに組織的に力を入れていることは明らかであり、このサポーターであるHeadStartや会場提供や運営をサポートするT-Hubなどかなり強いネットワークを持つ強力な組織がしっかり機能しているように思えます。
 
自分なりに数回来て多くの関係者と話たなかでインドのスタートアップの特徴をいくつかまとめてみました。
 
1)とにかく数が多い
2)資金調達は一般には難しい
3)若者に人気がある
4)IT関係が多いが大学に行くと基礎研究をベースとしたものが増える
5)開発するエンジニアにはあまり困っていない
6)大学や大学院にはインキュベーションセンターがあり、それをサポートするスタッフなどの組織や制度が整っている
7)インドの市場だけをターゲットにしている企業が多い
8)国をあげて組織的にスタートアップを支援している
9)海外の投資家や事業家とは意外に接触が少ない
10)バンガロールやハイデラバードなどのIT都市では外資系のIT企業のプレゼンスが大きい
11)日系企業との接触はあまり多いとは言えない
12)海外の投資家はインドには関心があるもののITのアウトソーシングと少数のユニコーン投資以外では、付き合い方を模索しているところがある
13)日系VCは数少なめで日系企業からの投資はアーリーでは多くない
 
この辺りは、後ほど詳しくレポートにまとめる予定でおります。
 
 
イベント後にはわずかな時間でしたが、ハイデラバードが誇る”ビリヤニ”をローカルな有名店で食べてまいりました。
味は若干スパイシーなメニューもありましたがベリーグッド!!!
 

f:id:goodfind:20190608202236j:plain

f:id:goodfind:20190608202452j:plain



今回もたくさんアポが入って短期間に多くの人に会う殺人的なスケジュールでしたが、起業家、インキュベーター、投資家、外国人の方など多様な人々とお話しまして感じたことは、やはりここは世界でもっともスタートアップが元気な場所の一つである!ということです。
 
帰国後2週間がたちますが、いまだにメールやメッセージのやり取りが完了しておらず、オンライン会議もほぼ毎日行われており、彼らのやる気と元気さを感じます。



次回は9月にもバンガロールカルカッタを訪問予定です。

『中高年からの健康管理ーサイエンス・オタクの独り言』

『中高年からの健康管理ーサイエンス・オタクの独り言』

* エビデンスがある情報をもとに書いているつもりですが、専門外であることには変わりなく、本文の内容については専門家の意見を最優先し確認してください。
 
個人的な興味からサイエンスの様々な分野で時々オタクになり、世界の文献や論文の読み漁ることが今でも多々あります。その中の一つの分野が”医療”です。
 
私は自称ですがサイエンス・オタクです。かつで私の父は息子に医学部の進学をすすめましたが、本人は血を見ることが嫌いなのと病院が大の苦手なので理論物理を勉強するため理学部に行きました。
しかし薬学を専攻し大学院を出た後に医療メーカーの研究者となった父の影響は大きく、子供の時から家にあるドイツ語の本のベンゼン環の絵を意味も分からず真似て落書きしていた記憶があります。(結局有機化学は最も嫌いな理系の分野になった 涙)
そのような背景もあり医学に対してはそれなりに関心があり、最近は医療のスタートアップも活躍することなどもあり、にわかに自分の中の関心が高まっています。
 
同時に自分の体の加齢による変化を少なからず感じ、今まで通りには機能しない場面が多くなると、それの因果関係を調べ対策を講じることを考え始めました。
今回の記事はそれらの情報のまとめです。

ここでの私の主張は以下に集約されます。
 
「正しい医学の知識を得て加齢に応じて適した生活習慣を取り入れることで、健康な生活を送ることができる。」
 
当たり前すぎて、おもしろくない結論ですね(笑)。科学、サイエンスというのはこういう要素があることは認めざるを得ないかもしれませんが、もう少し具体的にみていきたいと思います。
 
ところで”正しい知識”とは具体的にどういうことでしょうか?もちろんすべての医学の知識を勉強するなど大変なことなのでそれは無理として、最低限の自分の健康に関する情報は持っておくべきです。
 
まず身の回りで散見される健康に悪いことのNo.1は食事の種類です。最近は多くの人がfacebookInstagramで食べているものを公開することが多くなり、誰がいつ(何時に)何を食べているかの情報が入るようになってきました。そう言っている自分のInstagramもジャンクフードが多く、人のことを言えるものではありませんが、、、
 
一度しらふの状態で飲み屋を見てみてください。夜の遅い時間に、脂っこいもの、塩辛いものをビールで流し込んで、更に何倍もおかわりしている姿があります。その方たちのウエストを見てみると失礼ながらあまりカッコよくない方が多いように思えます。

しかし一方で私の身近な知人たちに最近多いのは、ランチなどでもローカーボを実践しており、あきらかにご飯や炭水化物の摂取量を意図して減らしています。もちろんその方たちのお腹は上記の飲み屋の中年太りとはほど遠く、かつて太っていた方もずいぶんスリムになったケースも多々見受けられます。
(うちの社内の若者でも何名かは明らかに体型がスリムになっている)
 
ここでの問題は見た目ではなく、病気になるかどうか、という点です。たばこをすって大酒を飲みそれでも長生きする人がいるのは事実ですが、多くの場合医療関係者や介護業界の方以外はなかなか目につかないかもしれませんが、心筋梗塞脳卒中などの疾患を経験し不自由な生活を送っている人がたくさんいます。
また日本には糖尿病の患者が数百万いて、潜在層もいれると全人口の1割に達するのではと言われています。糖尿病は”サイレントキラー”の病気の一つで、日常生活では痛くもかゆくもありませんが、やがて全身のいろいろな気管をむしばみ、かなしい結末と結末までの辛い期間を生きることとなります。特に本人が辛いのは仕方がないことだと思うのですが、家族やそれを支える医療関係者や介護の方々、さらにはその財源を負担する若い世代にとっては他人事ではありません。
 
 
さて、一般に加齢により機能不全がでてくるのは以下の項目です。
 
(1)血液と血管の状態が悪くなる
血圧があがる、血糖値があがるなど、血液検査の数字で正常値から離れたものがでてくる。
脳や心臓の血管がつまりやすくなることで、脳梗塞、脳血栓くも膜下出血心筋梗塞狭心症などの可能性が高まります。基本的にここが悪くなると心臓や脳で病気になることがあります。軽いとところでは息が切れる、胸が痛いなどの自覚症状から始まることもあります。
 
(2)ホルモンバランスが崩れる(男女とも)
ホルモンバランスが40歳前後から崩れ始め「更年期障害」と呼ばれる症状がはじまります。より具体的には体温調整がむずかしくなる、怒りやすくまた落ち込みやすくなる、うつになる、病気になりやすくなる、など症状は様々です。
女性の方が閉経によるホルモン変化が大きいため症状は男性より大きく世の中での認知も大きいのですが、男性にも同様に更年期障害は存在し、身近なところでは中高年のうつ病など不定愁訴という形で出ることもあります。40代以降で会社に出てこれなくなった男性社員が一定以上いることは、大手企業であれば皆が知っている事実です。
 
(3)目が見にくくなる
近くが見えない老眼がすすむ、遠くも見えにくくなる、また白内障緑内障なども発症します。目の病気は不可逆なことが多いのでなるべくならない、もしくは軽い状態であることが望ましいです。
 
(4)聴力が悪くなる
特に高い周波数が聞こえにくくなる。いわゆる「耳が遠くなる」状態になります。私も実はそうですが、耳が悪くなると自分の声が大きくなります。自分があまり聞こえていないので、どうしても相手も聞こえないと思い声が大きくなるからです。
 
(5)ガンの発症率が上がる
免疫力が低下することでガンにかかる割合が高くなります。現在の日本では二人に一人がガンにかなる時代ですが、医療の発展により早期発見で治るケースが多くなってきました。
ガンの発症のメカニズムは現代ではかなり分かってきています。細胞は日常生活の中で常に細胞分裂して古い細胞と新しい細胞が入れ替わっていますが、そのコピーの段階で、”コピーミス”が起こります。これは若者にも日常的に起こっていますが、それを修正するシステムがミスコピーをなくすことで大事には至りません。しかし機能不全になるとコピーミスの細胞が残り増殖してがん細胞となるわけです。したがって対策は体力を正常に保つ、ということしかなく、そのためには良い食事をとり、十分な睡眠をとり、免疫力をたもつことです。
 
(6)膝や腰の関節が痛むようになる
どこの整形外科に行っても、老人が多いのは周知の事実です。膝が痛い、腰が痛い、は様々な原因がありますが、ひとつは細胞間の体液が減って骨と骨が狭くなり神経などを圧迫するためです。これの対策も体の状態をよくすること以外には方法は見つかりません。
 
(7)歯と歯茎が悪くなる
歯が悪くなり入れ歯にする人が出てきますが、もう一つ注目すべきものは歯槽膿漏です。近年の研究では細菌などが直接歯茎の隙間から血中に入る可能性も指摘されており、歯茎の健康に最近注目が集まり始めました。歯槽膿漏もその存在が軽視されている病気の一つで、多くの人がかかっているにもかかわらず無治療のまま放置されています。
 
(8)運動機能の低下
筋力の衰え、バランスが悪くなり転びやすくなる、反射神経が悪くなる。運動は軽くでもよいので続けるとよいです。神経は使っているとその機能を保とうとしますが、使わないと脳細胞が消失と共にどんどん忘れて行ってできなくなります。
この対策は、運動を定期的に行い、機能を保つこと以外にはありません。
 
(9)記憶力が悪くなる
個人差と程度の差が大きいのですが、高齢になるほど認知症がすすみます。認知症は高齢人口の増加に伴い非常に大きな問題になっていきます。これは”海馬”と呼ばれる脳内の部分の縮小によるとされていますが、海馬の縮小は短期記憶力の低下だけでなく、道や場所を覚えられなくなったり、感情を抑えることも苦手になり、これがシニアの頑固さとかキレる老人の増加の原因と言われています。
認知症の対策はいくつかあり、刺激を受けながら毎日使うこと、運動することなどがありますが、一番簡単なものの一つは、仕事をやめないこと、というふうに言われていますが、私もその考え方に100%同意です。
 
 
 
以上の症状は完全に解消することはできませんが、進行を遅らせたり程度を和らげることは十分に可能です。ただしそのためには、ちゃんと現状を自覚すること、正しい知識を理解すること、定期的に診断を受けること、適した生活習慣をおくることが必須です。
 
 
基本的な対策は、本当に当たり前すぎて面白くないのですが
 
「運動、食事、睡眠」
 
の3要素を原則通り正しくすることです。
 
◆運動
ランニングやウォーキングなどの有酸素運動が心臓や脳によいことは周知の事実ですが、筋トレと組み合わせることにより脳の活性化が起こることが最近分かってきました。
つまり一定以上の負荷のある運動をすると循環系や筋力の改善だけでなく、認知症などの対策にもなります。
最近ではiPhoneなどのスマホに標準的についている”万歩計”で一日の歩数を図ることが出来るので、これを見ながら一日1万歩を目標に少し歩いてみることが最も身近な方法かもしれません。
 
個人的に進めたいのは筋トレです。重めの重量のトレーニングをすることによりテストステロンをはじめ筋肉を同化(体内につくこと)が起こります。一般にある時点から加齢により年間数パーセントの筋肉が失われていきますが、それを緩和する自然で最も効率的なものが筋トレです。
 
これは若者にももちろん有効で、若ければ若いほどトレーニングの効果は目に見えるほど大きくなります。特に男性はきちんとすれば数か月で体形が変わってくるので、それがモチベーションになり更に続ける人もでてきます。
女性も一定効果はありますが男性ほど顕著ではありません。それと筋トレをすると筋肉質になりすぎて怖い、というように考える方も入らっしゃりますが、例外を除いてその懸念はないです。むしろそれをしないことによるマイナスのほうが大きく、例えば足を長く見せたいとか、ヒップを上げたいとか、姿勢をよくしたいときには体幹を意識した筋トレの効果は絶大です。
 
また男女ともに言えるのは、筋トレをしてテストステロンなどのホルモンが増加すると精神的に安定します。トレーニングの最中は興奮してテストステロンとコルチゾールという物質がたくさん出ますが、トレーニング後は平常状態に戻るときに以前よりも落ち着いた状態になりやすくなります。
運動した後すっきりした、またはよく眠れるということは、よく経験されているとおりです。
 
更年期障害の一つである「うつ病」も筋トレで改善する見込みがあります。なかなかそういう状態の時にジムに行って気合を入れるということは難しいかもしれませんが、私個人は負のサイクルに入りそうになったら一人でジムに行って「ウォー!」と言いながら重いバーベルやダンベルと格闘していると終わった後には平常状態に戻っています。
(*かなり個人差があると思いますが)
 
 
◆食事
 
「身体は食べたものからできている」
 
は真理です。
 
TVなどのCMでは「何かこれを食べれば大丈夫!」とか、「これさえすれば、あとは何をしてもよい!」に近いイメージやメッセージを見ますが、これは消費者の無知と怠惰を利用したコマーシャリズムにすぎません。生理学的に考えれば、人間の体は有機物質からなり、その化学反応により思考を含む全ての活動をうみだしているので、残念ながら王道はないと思います。
 
実は更に科学は以下の事実も暗示しています。
 
「我々の考えることも気分も食べたものから作られる」
 
例えば自分の例ですが、ローカーボで完全に糖分を抜いた場合、ものすごくモチベーションというかやる気がなくなります。何かをやるのが嫌だ、ではなく全てのものを行うことが億劫になるのですが、それは脳に糖分というエネルギーがないので当然のことです。
また多くの人が感じるようにたっぷり食べた食後には眠くなって難しいことを考えていたふと寝ていた、というのも化学反応です。これは一般の生活では笑い話ですむことが多いですが、一生を決めるテストや野原で野獣に襲われそうなときにそうなったなら最悪です。
 
例えば女性のPMSなどに見られる感情の変化も、月単位の女性ホルモンの分泌サイクルとセロトニンの量で説明できる部分がたくさんあります。
 
ストレスがどの程度あるか?ということも、唾液中に含まれるコルチゾール値の変化をトラッキングすることで程度が分ります。 
 
このように集中できる、やる気がある、というのも、どのホルモンなり神経伝達物質が分泌されるか、という点で科学は説明しています。
更に最近はfMRIという装置の出現で大脳の活動をリアルタイムで詳細に解析できるようになり、どういう時にどの部分が活動的になり、その結果人間の思考なり感情なりがどのようになっていくか、という研究が進んでいます。
 
この部分をまとめると、考える能力も食べる物や生活習慣で改善すると言いたいわけです。感情のアップダウンの激しい方は、なるべく血糖値の上下が少なくなるようにGI値(=血糖値の上がりやすさを表す数字)の低い炭水化物を取ることをおすすめします。
また食べる順番は、野菜、タンパク質、炭水化物の順に食べると血糖値が急に上がらないことから体に良いと言われています。
 
最後に忘れてならない必要な栄養素として”水”があります。ご存知の通り人間の体の2/3は水分から出てきており、これが不足すると脳梗塞などの病気が発生しやすくなります。最近では大きな1リットルくらいのミネラルウォーターのペットボトルを持って歩き、一日でしっかり目標量の水分をとる方もちらほら見受けられますが悪くないと個人的に思います。私は水分量の過不足をトイレでのおしっこの色で判断しています。これはアスリートが脱水症状気味になっていないかを色ではんだんするところから来ています。もしも尿の黄色が濃い場合にはしっかり水分を補給しましょう。
 
食事に関してはコマーシャリズムにより、とても誘惑が多いことが、ダイエットコントロールをしにくい原因となっています。
しかし健康診断の結果を見れば、自分の体が”錆びて行っている”ことは明らかであり、それに対して薬だけの対処療法しかしないことは問題を根本から解決したことになりません。
 
 
 
◆睡眠
 
睡眠は回復のためにとても大切な行為です。しかし若い時には当たり前にとれていた質の良い睡眠が、加齢とともに難しくなってきます。男性では夜中にトイレに起きる頻尿に悩まされる人もいます。
睡眠はもしも不便を感じていなければ神経質になる必要はありませんが、もしも不十分に感じているのであれば以下の方法が一般的には有効です。
 
・寝る時刻を一定にして習慣的に眠くなるようにする
・日中太陽になるべくあたる
・睡眠不足の日は昼休みに20分程度の仮眠をとる
・夕方以降はカフェインをとらない
・枕にこだわる
 
 
このあたりは、私の知人の小林 孝徳さんが株式会社ニューロスペースという会社でサービスを提供していますので、こちらも参考にしてください。
https://neurospace.jp/
 
 
 
最後に対策の一つとしてデジタルデバイスとアプリの力を借りること提案したいです。
病院での定期健康診断を毎年、または半年に一度受けるのは必ずやるとして、もう少し日常でも行動を意識しフィードバックを受けるために、AppleWatch、もしくはFitBitのような腕時計型のデバイスで、脈拍数、睡眠の長さと質、毎日の歩いた距離/歩数、運動の記録、などがあるとどういう生活をしているか意識が出来るとともに、その結果から生活へのフィードバックができるようになると思います。
 
私は現在FitBitを使っておりますが、以下の情報を取ることが出来ます。
 
・歩いた距離/歩数/消費カロリー
・運動の結果(ランニングやウォーキングの時間など)
・睡眠時間と睡眠の質(浅い眠り/深い眠り)
・心拍数(安定時脈拍数を含む)
 
ここで私が注意深く見ているのは、睡眠時間と安定時脈拍数です。
自分の場合睡眠時間はどうしても心掛けないと4時間くらいに短くなってしまう傾向があるので、そうならないように6時間とるよう目安にしています。(達成率は半分くらいですが。。。)
 
また”安定時脈拍数”は、自分の健康状態を表しています。この数字は、病気になった、なりそうな時には通常より高くなります。私の場合は健康な時には1分間に56-58回くらい心臓が鼓動を打ちますが、風邪をひいたり、疲れがたまった時には60回を超えます。不調の時でも興奮状態にあるような場合は全くそれには気が付かないことが多いのですが、FitBitは「今は疲れているから、早く帰って寝ろ!」という警告を発してくれるので客観性もありたいへん便利です。ですので最近は病気になる前に休むことにしているので、外に出ていけないほどひどくなることがほぼなくなっています。
(*以前からあまりない、とは言われていますが)

以下の図の左がコンディションが悪い状態で右が通常状態。明らかに違うでしょう?

f:id:goodfind:20190402232356j:plain



 
こういう日常での毎日の生活や状態をフィードバックするものがでてくると、少なくとも情報リテラシーが高く目的意識がある人にはよいツールになると思います。

最後になりますが、糖尿病や高血圧、脂質代謝異常(高脂血症)などのサイレントキラー系の病気だけでなく、徐々に進行する病気は日常生活でなんとかしないと元に戻れなくなります。もしもそれらに真剣に取り組もうとする場合に、この記事がお役に立てば幸いです。

「独り言」おわり。。。
 
 
 
 
 

上手なプレゼンはどうやってやるのですか?

<プレゼンの方法>
 
「上手なプレゼンはどうやってやるのですか?」

時々聞かれるので少しだけまとめました。
 

基本的にそれほど嫌いなことでも苦手なことでもないので、特に最近は強く意識していませんが心掛けていること、練習したことなど参考になれば幸いです。
現在でも毎年200回くらい授業や講演、セミナーなどで数時間単位で話しており、近年は海外の大学・大学院や講演で話す機会が増えています。


最初に少し自分のプレゼン史における失敗や学習についてお話します。

子供のころから人前で話すことには全く問題なかったものの、自分の話がまとまっていないと最初に気づいたのは中学校の1年の授業中になります。
国語の授業で担任の先生にあてられたか自分で手を挙げたかは忘れましたが、みんなの前で話をしました。何かを質問されてその理由を答えていましたが、どうも説明がまとまらず循環していて何度も同じことばかり繰り返しているのに気づきました。
「***はなぜですか?」という先生の問いに対し、「これはこういう現象でこうでこうで、、、」といろいろ説明していましたが筋がたっていなかったので話が長くなっていました。
ここはシンプルに「***は***だからです。なぜならば***」と言えばよかったシーンだったと記憶しています。

2度目のプレゼン失敗は外資コンサルティング時代にクライアントと定期ミーティングの自分のパートで同様に話が長くなりました。
このころはロジカルにはメッセージはシンプルにまとまっていましたが、分量が多すぎたり前後で話題が行き来したりと聞き手にとっては内容の難しさも加わり理解しにくかったのではないかと思います。実際に聞いている方は、非常にまじめに資料のあちこちを探しながら聞いてくださった広い心の大手企業のお偉いさんでした。
若い戦略コンサルタントにありがちですが、頑張りすぎから内容を盛り込みすぎて消化不良の結果になってしまいました。

とはいえ苦手意識も大きな失敗経験もないまま過ごし、その後アメリカでマネージャーをやっていました。
ここは研修プロラムだったので毎日のように朝から晩まで代わる代わる自分や部下や外部の専門家が教室に来てプレゼンをするのですが、ある時自分の部下のプレゼンが下手過ぎてブーイングが起こりました。
そこは日本と異なり生徒の側も不満を大あらわにして”親指を下に下げる”行為にでる者が多数続出。結局そのパートは自分が即興で補足し、後日補習する形でなんとかなったものの、プレゼンの出来不出来でこれほどまでにチームや参加者の反応が違うことにある種の怖さを感じました。

このコースの最終日にはマネージャーとして自分が総括みたいなプレゼンをしないといけないのですが、さすがに部下の失敗を繰り返すわけにはいかず、またその分は取り返すぐらいの満足度を得ないといけないという義務感もあり、前日夜中に一人教室で2,3回リハーサルしました。
このリハーサルの目的は当時あまり英語が得意でなかったので、その練習のためという要素もありました。そこで夜中の2時くらいに教室でプレゼン練習していたらからだの大きな警備員のおじさんが回ってきました。

「(警備員)何やってんだ?」
「(織田)明日のプレゼンの練習、、、」
「(警備員)日本人は仕事熱心だなぁ」
「(織田)ありがとう」
「(警備員)ここに座ってちょっと聞こうか?」
「(織田)さんくすぅううう!」

で、ちょっとだけ聞いてもらったら。

「(警備員)悪くないじゃん!(パチパチ&ハイタッチ!)、明日がんばれよ!」


* 以上の会話はアメリカ国内なので全部英語

翌日は練習通りまずまずのプレゼンを実行。この日は念入りにホワイトボードに事前に全部まとまったメッセージと図をあらかじめ用意しておく周到さで問題なく終わりました。(英語が得意でないのでホワイトボードに完璧に事前にまとめた)
この時実体験ではじめてプレゼンも練習や準備が必要であることを実感。以来いくつかの原則を自分なりに踏まえて行うようになりました。

以下プレゼンのヒントをまとめました。

1)内容を吟味する
全体と部分をしっかり構成する
シンプルなメッセージ、シンプルな図で表現する
話す分量は多すぎても消化不良になるので注意する
(細かい文字や文章の押しつけは不快感も伴う)
一般論の後には必ず具体例で説明する
話には強弱をつける
大事なメッセージが何であるか終始心にとめて、休憩前や終了前にまとめで確認する


2)つかみ(導入)に工夫する
最初のアイスブレイクの入り方が大切。最初の数分で聞き手の印象はきまる
導入部で必要なのは、自己紹介と自身の魅力付け、テーマの重要性の理解、聴衆との距離を縮めること
聴衆に興味を持ってもらうため、最初に持ってくる問題提起やエピソードは工夫する
全体の構成を最初に説明し話の道筋を見せる


3)声をよくする
心地よい声という「質」にこだわる。声の質で聞き手の印象はだいぶ変わるため(カラオケ歌うときのみたいに)
意識して注意するのは、「大きさ」、「高さ」、「速度」
マイクを通す時と通さない時では発する声の質をかえる
どちらも聞き手が最も心地よくなる音になるように
講演の前には喉を大切にする。たくさん話し過ぎるとしゃがれ声になりがち
特に前日にホテルに泊まる時には室内の”湿度”に注意し必ず加湿器をつけて寝る(特に北海道など寒い地域)
話す速度とその変化、ならびに間合いをうまく使い聞き手の注意をコントロールする。
同じペースは一定時間がすぎると誰でも飽きる。飽きてきたときには話題を変えたり、固い話題から少し柔らかい話に変えるなどの変化を入れる
間合いは大切な話に入る前にひと呼吸置いたり、感情をこめて話すときにしっかり気持ちを入れてから話すなど、聴衆にその部分の重要性や自身の思いなどを伝える役割がある


4)聴衆を徹底的に観察する
彼らが何に反応するか、どんな話題に興味を持つか、理解する力はどれぐらいあるか、展開は速すぎてついてこれないか、またはゆっくり過ぎて飽きていないか、など反応を見ながら調整する
聴衆とトーンを合わせる。いったん波長があえばあとは非常にやりやすくなる
聞いている人のニーズに合わせたテーマを話ながら探り、それを中心に話を展開する
聴衆の割と端の席に座る数名を”定点観測”し、定期的に視線を巡回しながら彼らの反応をみる
後ろの聴衆の表情がちゃんと見えるようにするためにコンタクトレンズを入れる


5)身体の位置と使い方に気を付ける
基本的に聴衆に正対しお尻をむけない
自分の立つ位置はスクリーンの横の聴衆から良く見える位置で、スクリーンを指さすときには聞き手に対して45度になるように
腕の動きはとても大きなメッセージになるので工夫する
じっとしているよりは自然にスクリーンや聴衆の方向に動いたほうがよい
(実際万歩計で測ると2時間で数百歩、歩いている)
背筋を伸ばし姿勢をよくする。猫背なのはネガティブな印象を与える


6)表情を明るく
話す前に楽しいことや、過去のプレゼンでうまくいったシーンを思い出す
これから話す目の前の聞き手が、自分の話を聞くことによりよりすばらしい人生に変わっていくことを期待する
自分でも楽しむようにする
印象の良い表情を作る方法のひとつは、プレゼンの前に「赤ちゃんの笑顔」の写真集を見ること(Googleに探してもらおう)
自分の視点の範囲に気を付ける。当然、全部をカバーすべきであるが前後左右の移動速度に注意
(速すぎず、遅すぎず)


7)その他
質疑応答の時には聞いている人のところに近づき真正面を向いて目を見てしっかり聞く
質問した相手の名前が分るなら、その人の名前を回答の中にいれる
「**さんのこの疑問は、、、、」
質問には完璧にこたえる
自分の個性を上手に生かすようにする
原稿は原則見ない。見るべき視線の先は聴衆
時計を必ず見えるところに置き時間配分ができるように
終了は時間厳守。セッションが長い時には90分以内にトイレ休憩を入れて聞き手の集中力が続くようにする
ユーモアという武器を持つ。質疑応答などでは真面目に答える前に、ちょっとしたユーモアやジョークで和ませると回答を待つ人の期待値が高まる
ユーモアを作り出すのは、日頃の教養、用意周到の準備と遊び心(これは難しい)


最後に、上記の要素を理解した後に必要なのは練習です。そのためには客観的に自分のプレゼンを評価する必要があり、ビデオで撮ったり、場合によってはコーチを付けることが効果的です。
コーチは、自分では気づかない癖を指摘してくれますし経験がある人はある程度一般的に陥りがちな欠点を発見することが早いです。
特に意識していないけど、話の中に頻繁にでてくる言葉として、「やっぱり」、「えー」、「つまり」、「なぜならば」など一定の傾向があり、どのワードが出てくるかによっても聞き手の印象は変わります。

あとは本番の場数をこなしていると度胸も尽くし、自分のパターンもできてくるので練習以上に機会を求めてプレゼンの数をこなすことが上達の最短距離だと思いますので、どんどんトライしみてください!

Good luck!

2019年 世界はどう動く?(新年の雑感)

毎年年始のこの時期に、今後一年間どうなる?のような記事を書いています。

今年もざっくばらんに気の向くままですが、現時点で自分が考える予想される1年についてまとめてみようと思います。

<<目次>>

・世界の大きな経済の流れ

・二大大国ー中国とアメリ

・我々は何をすべきか?

<世界の大きな経済の流れ>
昨年2018年は一年を通じて大きな動きはなかったという印象です。気候変動によるものか日本を含む各地で自然災害にあいました。科学が進歩してある程度予測できるようになったと言いつつも、まだまだ自然の力の前には人類ははかない存在のようです。

アメリカ、ヨーロッパ、アジア、アフリカ、中南米とすべてにわたって新しいスキームが誕生したと言える大きなイベントはなかったように思えます。個人的には心配してずっと見ていたヨーロッパもそれほどそれほど大きな混乱はなかったようです。
ただしEUが求心力を失って機能不全になるという根っこにある懸念は残ると思います。崩壊する、というより機能不全になる、という確率のほうがはるかに高く、これは議会政治や民主主義が根本的に内包する構造的な課題です。

ヨーロッパの局所的ではあるが影響のあると思われるイベントは、間近に迫ったイギリスのEU離脱です。今年2019年の3月29日が離脱に期限になりますが、イギリス首相であるテリーザ・メイ氏は国内の政党間での利害調整に大変苦労しており離脱条件について議会のコンセンサスが得られずにいます。責任ある担当者が何度も代わり「サジを投げる」状態に近くなっており、にっちもさっちもいかないように見えます。

どのような結末であれ、イギリスの離脱は北アイルランドなど局所的で限定的なものですが、その後ヨーロッパ全体に「EUはもはや失敗だ!」というメッセージになることが中長期では問題となってきます。


イギリスで見られたように多くの移民や難民が到来し、街中の外国人比率はどんどんあがりました。これが国内の雇用問題、移民のコスト負担の問題となり、”ナショナリズム”というインフルエンザのような拡散力の強い思想となってヨーロッパの他の国々に広まることで、イギリスと同様の状況にいきかねないです。実際にドイツでさえも移民反対を掲げる政党が得票を伸ばす中、国内世論の調整と連立政権内でのコンセンサス形成は大変難しいものになっています。

また別の視点ではイギリスのEU離脱は間接的に、大きな経済圏の再編成を促すかもしれません。大英帝国という過去の影響を失いつつもイギリスはアメリカのルーツということもあり現在でも金融界を中心に一定のプレゼンスを持っています。そのイギリスがEUから離脱したということはアメリカもヨーロッパ大陸とのコネクションが弱くなることを意味します。それはくしくもトランプ大統領保護貿易というポリシーとも重なりEUアメリカの構造が少しずつ出てきています。米中の貿易戦争という側面に隠れていますがEUアメリカでも双方向で関税を引き上げるという大人げない戦いをしています。

元々EUアメリカという大きな経済大国に対して規模で対抗する意味合いも多少持っているので、そういう意味でクッションみたいな存在であったイギリスがEUからいなくなる意味は世界の勢力図争いにおいて少なからず影響があると思います。
直近トランプ大統領NATOからの離脱を示唆していますが、これもヨーロッパの特に大陸側とアメリカの距離を遠くすることを意味しており、変な方向には行ってほしくないというのが率直な感想です。


株式、債券、為替の動きは全体としてマイルドでした。11月からGAFAGoogleAppleFacebookAmazon)などのIT企業の株価が暴落し、いったん世界市場全体の下落を招きましたがこれは想定内といえるかもしれません。そもそもこれらの企業の株価は将来の業績を見込んでおり、どう考えても永遠にこれまでの成長率を続けることができないので、そろそろこの辺で冷静になったとでもいえましょうか。
株式や債券、不動産などは相場全体として、相変わらずの行き場を探す過剰流動資産による恒常的なバブル状態になっています。実体経済と金融資産の乖離はもはや限界点だという方も多くいます。GAFAはその一時的な投機先と見られているのであれば、今後は困難が待っているかもしれません。

為替はトランプ大統領の突然の発言で急に上がったり下がったりするかもしれません。
現時点では日本円は他のどの通貨と比べても安定とみられているようです。これは昨年と変わらない状況ですが、消去法的に日本が相対的にリスクが少なく「有事の円買い」基調が続いているからです。

商品相場では原油価格は2019年の前半は高めに推移しましたが、後半は下落基調でした。これは中東をはじめ産油国にとっては悪いニュースには違いありませんが、一朝一夕で変わる中東情勢で上がったり下がったりするので短期では需給関係だけで予測するのは難しいでしょう。基本的には毎年増産しているアメリカのシェールオイルシェールガス原油の安定共有を可能にします。これにより中東の国々の世界におけるプレゼンスを相対的に小さくし、これが中東内での新たなパワーバランスの変化という極めてセンシティブな事情につながります。

世界全体での消費需要やエネルギー需要などを考慮すると、石化燃料の総需要量は順調に増えていきますが、アメリカや中国で確認されているシェールオイルの埋蔵量と採掘量が増えるにつれて市場心理的にはどこかで重い天井があるように思えます。

 

最後に地政学的リスクがありそうなところを少しピックアップしておこうと思います。

 

北朝鮮は中国になかば見捨てられて行き場を失っています。これまでは他国とけんかしても中国という経済的、軍事的バックアップがあったので威勢が良かったところがありますが、これがほぼ期待できないとなると、どのような結末かは分かりませんが、韓国、中国、もしくは欧米のどこかと平和的な関係を結ぶしかなくなります。最も可能性が高いのは同民族の韓国との提携、または合併です。しかし国内でも多くの問題を抱える韓国にとっては率直に言って負担以外の何物でもありません。かつて韓国の首相がドイツのメルケル首相に東西ドイツ統一時の負担について質問した時に、その要する時間や金額を聞いて卒倒しそうになったのは当然のことです。現在の北朝鮮が持っている様々な負債と韓国の経済的な余力を考えると、おんぶして両方共が倒れて怪我する状態に近いと想像します。


次に不確定な未来があるのはトルコです。オスマン帝国復興を目指すカリスマのエルドアン大統領のかじ取りが怪しくなると思います。理由はこれまでなんだかんだ言っても経済的成長があったことと、仮想の外敵によって国民をまとめていましたが自国通貨の暴落、高いインフレや失業率などが重なるとさすがに国民も黙っていません。

 

上記の状況はロシアでも現れるかもしれません。これまでカリスマで君臨してきたプーチン大統領も、トルコと同様自国通貨の暴落、高いインフレや失業率がすすみ国民の生活が今以上に悪くなるとこれまでのようには行かない可能性があります。

現在もロシアは天然資源頼みの部分が大きく、原油などの市況により国益が決まるという他力本願です。ここから工業化へと脱却を目指してますが、残念ながら大きく変わる様子は見えません。

 


上記を状況を鑑みて、今年2019年全般は天災や大きな争いがなければ全体として昨年同様「そこそこの平和、そこそこの好況」ように思えます。
ただしこれは現状がよい状態で回っているわけではなく、適切な対策やシステムも見つからないままモラトリアムでだらだら時間が過ぎていくとも解釈できます。

どこの国も議会も特効薬が見つからない中、本来は問題の原因から解決すべきですが、これらは通常痛みを伴うため先送りにしがちであり将来に禍根を残しています。


あるべき姿としては問題は小さなうちにウミを出し切るくらいの対策を取ったほうが、傷は軽症で済みます。しかし残念ながら大きな病気にならないと病院に行かないのと同様に、問題が大きく顕在化して初めて取り組みその時には相当にお金も時間もかかる、というのが歴史的にみれば普通かもしれません。
ちょっと残念な結論ですね。

 

<二大大国ー中国とアメリカ>
アメリカの動向はある意味トランプ氏という良くも悪くも大変ユニークでPR好きの大統領がいるため予測はある程度可能です。むしろ不確定要素は分かりやすいけど、本当にどこまでやるの、つまり「まじか?」みたいなところにどこまで国民と周囲がついてこれるのか、というのが不確定要素です。

昨年2018年11月のアメリカ大統領の中間選挙の結果、アメリカ議会は上院・下院で共和党民主党がそれぞれ過半数を取る「ねじれ」状態になり、トランプ大統領は当然動きにくくはなります。現時点では次期大統領選挙で再選されるという予想のほうが若干多いようですが、民主党の反発、共和党の中での足並みの乱れ、そしてブレインを含むトランプ氏のチームでの不協和音により安定した基盤を失い、PRばかりが目立つようになればこれまで支持層であった中間層もこのまま彼を支持するかどうかは分かりません。
トランプ大統領の方針を一言で表すと「アメリカだけが良ければよい。他の国は自分たちでなんとかしてね!」というスタンスです。アメリカは歴史的にも介入主義と孤立主義をシーソーのように行ったり来たりしている中で、現在は孤立主義にいるところです。

彼にとっての最大の懸念事項は自身の再選がどうなるか、でしょう。次の選挙の得票を意識して米国民の中間労働層、キリスト教福音派の耳に聞こえの良い政策をPRしつつ、これらを切り札のカードとして対外交渉するという彼独特のビジネスマンの感覚で国政を行っている印象があります。
したがって乱発しがちな大統領令そのものを見るというより、これは選挙民に対するPR用で、実際はこれらを交渉のカードとして他国との条件交渉に利用するということを意識的に行っているように見えます。

このあたりは大義名分と対面や体裁を気にする最近の大統領との大きな違いで、タブーとだけど国民の本音(=「アメリカが良ければよい!」)を語るスタイルは、過去ではレーガン元大統領に近いのではないかと思います。レーガン元大統領は国民に聞こえのよいシンプルな政策を展開し人気もありましたが、その後の国家財政のことを考慮すると評価は決して高くなく、トランプ大統領も同じパターンに陥る可能性があります。

 



次に中国ですが、数字の上では他の先進国と比べても高い水準の経済成長をしているように見えます(注、中国の実際のGDPは公表数字よりも少ないことは大体わかっている)。しかし一時期の勢いがないことは明らかであり、そろそろ安定期に入るのはこれまでの20年余りの成長期間を考えると自然なことです。
人々の生活は都市部を中心にかなり豊かになりました。都会に行くと若者はiPhoneを持ちおしゃれをして、まるで東京のようです。インターネットのサービスの利便性はもはや世界一と言ってもよいでしょう。ネットでの決済の普及率は世界のトップクラスで、現金を持っていると買い物の時に支払いに困るくらいです。(WeChatPayとAliPay

 

先進国と比べればまだ高い成長率を持っていますが、不良債権の問題は全く解決していません。これは日本のバブル崩壊後とほぼ同じ状態ですが昨年中国が取った経済政策も1990年代の日本と似ています。本来は不良債権だらけの傷んだバランスシートの処理をしなければならないのですが、これには痛みが伴うため先送りしがちになります。2018年の途中までは不良債権処理を意識して動いていたようですが、2018年の途中から景気の失速により不良債権の拡大と失業問題などの懸念から、財政投資による景気刺激策重視にもどりました。つまり景気重視のために不良資産の整理をいったん棚上げにしました。これは本当は死んでいて終わらなければならない”ゾンビ企業”を延命させることにほかなりません。
1990年代にまさに日本がこれをやって、その後の処理と景気低迷にお金と時間がかかったのは今では誰でも知っていることです。ゾンビ国営企業・国有企業の延命と、不良資産化していて正確な金額もわからないアングラマネーの”シャドーバンキング”の問題は中国経済の将来に大きな禍根を残すでしょう。

 

 米中という関係でみると2018年で起こった最も大きな出来事との一つは関税率をお互いに最大25%を課税する貿易戦争です。トランプ大統領は根本的に保護貿易を基本路線としていますが、鉄鋼やアルミなど天然資源から始まり、自動車や電気製品まで幅広く関税をかけはじめました。これは米中のみならずEUに対しても自動車関税を上げて、これはヨーロッパの製造業にとっても大きな痛手です。

しかしこれはアメリカにとっても得策でない面も多々あり、例えばアメリカ人の使うiPhoneはパーツを中国に集めてそこでアセンブリして完成させてアメリカに輸入していますが、それがスムーズにいかなくなります。中国からアメリカに輸入する際に高額な関税がかかるためにアメリカ人が買うiPhoneの価格が上昇し購買が進まなくなるからです。
現代は孤立した国という単位で物を作っているわけではなく、様々なサプライチェーンをいろいろな国で分担することで製造や物流、貿易が成り立っており、どこかの一点が滞ると全体の流れが悪くなることから結局これはアメリカにとっても回りまわって悪影響となって帰ってきます。
したがって貿易戦争については、遠からず各国が大人の対応をして挙げたこぶしをどうにかおろそうかと着地点をさぐることになります。

 


この貿易戦争を別の視点で見てみると、ハイテクを中心とした覇権争いの側面が見えてきます。ハイテク産業はインターネットサービスやスマートフォンなどの個人用品やサービスだけの問題でなく、国防や軍事にも関連してきます。実際にサイバーセキュリティは大きな国防問題であり、そのためのインフラやルール作り、個人や国家の情報の保護という大きなテーマも含み、そういう点でもアメリカはここで中国に負けるわけにはいきません。

もちろんビジネスでもアメリカで開発したテクノロジーを中国が拝借して廉価で作り世界中で売りまくりシェアを取ることは阻止したいです。中国は国内に約14億人の消費者がおり一国だけ欧米プラス日本の人口を超えています。この経済規模をバックに大量設備投資、大量生産、海外への輸出、世界での覇権を取るというシナリオを展開することが出来るので個人のスマホの製造、各国の通信インフラの取得、ビジネスでのシェア獲得がシナリオとして描けます。
この覇権争いの土俵で、どこの国がデファクトスタンダード(標準)を取るかはアメリカにとって大きな問題です。

 

 

 

<我々は何をすべきか?>

日本を見てみると2018年は、まあまあ、というところでしょうか。特に何か良かったわけでなく、特に何か悪かったわけでもありません。決して嫌味ではなくこの国は平和だと思います。すごく良いこともない、だからなんかよくわからない、というのは平和な証拠です。
景気は2018年は総じて悪くはなかったです。日銀はインフレ2%をターゲットにして緩やかな物価少々、賃金の上昇、消費の活性化を目指していますが残念ながら昨年もそれ以前同様インフレターゲットは達成できず、そしておそらく今年も達成は難しいと思います。
しかし消費者としてはそれほど物価も上がらず、同じように生活が送れているので、大きな好況感もない代わりに生活水準は保てています。
2019年は国内については大きなイベントがない限りは、良くも悪くもこのまま好景気を持続します。ただし米中の貿易戦争は確実に世界経済に悪影響を及ぼすので、これは同じエコシステムの所属する日本も無視することはできません。残念ながらグローバル経済がつながっている世界では、どこかの国や地域で問題が起こると程度の差はありますがその影響は必ず自分のところにも回りまわってきます。

トランプ大統領のかじ取りは日本にも大きな変化を強いられます。もっとも大きかったのはまとまりかけたTPPから就任直後に脱会を宣言されたことです。アメリカは一刻でも経済規模は大きく離脱は大きな痛手です。しかしその後TPPはその後アメリカ以外の11か国すべてで”TPP11”を作り昨年末には合意し実行されています。(まだ全部の国ではない)トランプ大統領はTPPではなく二国間協定であるFTAなどで国ごとの関係を構築しようとしていますがこれは事務的にも非常に非効率です。その観点から進化したTPPのような地域包括の経済制度にアメリカがどう対応するかは分かりませんが、どこかで妥協点をみつけて突然加盟するということもないとは言えません。

日本は米国からの一方的な関税アップを言われている中、EUとはTPPに近い包括条約を結んでいます。「日本・EU経済連携協定」という名前で昨年締結され2019年2月1日に効力が発生します。内容はEUと日本の間のEPA(Economic Partnership Agreement)なのですが相手がEUなので二国間ではなくEU全部の国と日本との協定ということになります。
トランプ大統領はこの例のように「America First!」を強調しすぎると、周囲に経済連合がたくさんできて自分だけ不利になるということをそろそろ分かり始めたなら、TPPになんらかの形で加わってくることもそれほど遠くないかもしれません。

 

さて最後になりますが、日本が独自で主体的に活路を見出すためにはなにをすべきでしょうか。ここはすでにいろいろなところで何度も言われてきていることでまとまると思います。
具体的には、働きかいた改革による余暇の充実、ベンチャーなどの新規事業の活性化、豊かで子供がたくさん産める社会の実現、などです。やるべきことはずいぶん昔から分かっています。もうそういう議論は置いておいて、誰が、いつ、どのように行うかという時期に来ています。


個人的にはポジティブに以下の課題を解決しなければいけないと思い動こうと思います。

 

(1)創造性を中心とした個性を生かす教育(出る杭をのばす)

(2)ベンチャー振興(新しいものを創る)

(3)社会全体で赤ちゃんを育てる仕組み(子供に明るい社会)

(4)グローバル人材の育成のため人材交流の規模大幅拡大(双方向で)

(5)サステイナブルで自然に優しいエネルギー利用(サイエンスの事業化)

(6)QOLを実現する健康予防のシステム(病気にならない)

(7)シニア人材の活躍の場を創生(ノウハウや経験を生かす)

(8)AI、IoTやRPAなどの導入による人材不足の解消(新しい技術・インフラの活用)

(9)日本独自の文化の見直し(コンテンツの宝庫、観光資源)

(10)シニア向けのローコストの社会(集合住宅、集団介護など)

 

 長くなってしまいましたが、今年もよい年になりますように。


。。。(2019/1/13)


















人間は冬に”うつ”になる?(サイエンス・オタクの気ままな記事)

エビデンスに基づいたものを参照して書いているつもりですが、専門家の意見をちゃんと聞いて判断してください。
Red Amazon Danbo on Brown Wooden Surface

これは病気ではなく人間の生来の性質です。

冬は本来食べ物が取れないので、人間の体は活動量を抑えるべく、内にこもってエネルギー消費を少なくするように作られています。
眠くなる、やる気が起きない、は怠惰ではなく純粋な生理現象です。

それを決める環境要因は、日照時間と気温です。
日照時間が短い北欧の国々では、秋から冬にかけてうつ病の発症率が高いのは自然なことです。
また寒いと外に出るのはおっくうになります。寒いところでは最悪死ぬので、外に出たくないのは生命にとって当たり前の意思決定です。


なので、これら冬特有の体の反応を病気とネガティブにとらえるのではなく、冬には冬の生活をすること、またそういうものであることを理解し対応すればよいのです。


また、もし「やばい!」状態になった時に科学ではどうすべきかも回答がでています。

(1)日光に当たる
(2)トリプトファン(タンパク質の一種)をしっかりとる
(3)血糖値を乱高下させる炭水化物だけの食事を避ける (*)
(4)夜にしっかり寝る
(5)運動する(特に有酸素運動
(6)部屋をあたたかくする

(*)炭水化物の中でも血糖値があがりやすいGI値の高いものを単体で食べると最悪。

つまり、休暇取ってハワイいって、ジムに行って筋トレして、野菜中心、たんぱく質たっぷりの食事をとって、ビーチでランニングして、夜に疲れて寝れば良くなるということです。
*私のバケーションの取り方です。(今は無理。。。)


反対によく見受けられる悪いパターンは以下の通りです。

>なんとなく気分が乗らないで落ち込む(それが自然なのに、、、)
>食べるのがおっくうになり炭水化物だけを簡単に済ませる(タンパク質がたりない)
*血糖値が乱高下して眠くなったり集中できなくなったりする
>家にひきこもる(日光にあたらない+運動不足)
>睡眠の質が悪くなる(回復しない)
 
特に女性は月ごとのサイクルにより感情に関わる物質の量が異なるため、男性よりはアップダウンが激しく、症状が出やすくなるのでよりケアが必要です。